日本詩人クラブ三賞選考委員会 (瀬崎)   

東大駒場で日本詩人クラブの三賞選考委員会があった。
私は日本詩人クラブ新人賞の選考委員だった。

候補になっているのは11冊の詩集。
7人の選考委員はそれぞれに詳細な読みをしてきていて、活発な意見が交差した。
選考経過をここで書くわけには行かないが、(幸い喧嘩になることもなく)全員一致で新人賞の詩集が決まった。
ほっとした。

日本詩人クラブ賞、日本詩人クラブ詩界賞も決まって、夕方からは会食。
やはり皆ほっとしているので、会話が弾む。

その後は10人あまりが残って川中子義勝氏の部屋で飲む。
11階からの夜景もきれいで、「ERA」の合評会のあとといい、この部屋にはいつもお世話になるなあ。

それにしても、原田道子氏が囲碁を嗜むとは知らなかった。
今度、へぼ碁を打ってみなくては。
原田さんは謙遜していたけれども、実際は滅茶苦茶強かったりして・・・。

さて、今週末には今度は日本現代詩人会のH氏賞と現代詩人賞が決まる。
夕方に決まり次第、担当理事からのFAXが入ることになっている。
その日のうちに日本現代詩人会のHPに載せる手はずを整えた。

あ、そういえば「ERA」の締め切りが今月末だった。
昨日、東京駅近くで時間つぶしに入ったカフェで最後の推敲をしたのだった。
川中子氏に原稿を送らなくては。
[PR]

by akirin2274 | 2014-02-25 17:53

<< 2月が終わり (瀬崎) 「びーぐる」詩集評 (瀬崎) >>