「詩の練習」15号 (瀬崎)   

c0138026_18215634.jpg「詩の練習」の発行者である杉中昌樹氏から「アンチ現代詩特集」への作品依頼をもらっていた。
困ってしまった。”アンチ現代詩”をどのように考えればよいのだろうか。
それに、ひょっとすればこれは、”アンチ現代”の詩なのかもしれないし、現代の”アンチ詩”なのかもしれない。

杉中氏にそんなことを問いかけたところ、どのように解釈してもらってもかまいません、皆さんから集まった作品の集積が”アンチ現代詩”になるでしょう、とのことだった。

で、届いた15号。
北爪満喜は「苦肉の策でレポート詩」との註をつけて、「2014年10月18日 初めて前橋で「ビブリオフリマ」が開かれた」と題する作品を載せている。
昨年刊行された自分の詩集「奇妙な祝福」をキャリーケースに詰めてカフェ・アルキロコスへ出かける話。
現実の行為を北爪が言葉で記録したらどのように変容するのか。

野村喜和夫は題も「アンチ現代詩の試み」として、ⅰ(愛のレッスン)、ⅱ(世界文学の方へ)の2章からなる作品を載せている。
セックスの最中だったり、並んだ本の背表紙を眺めていたりして、そこから生まれてくる言葉を構築しているようだ。
現実の行為が野村の言葉によってどこまで現実から離れていくのか。

さて瀬崎だが、「とげ姿カフェにて」と題して、現実とはまったくかけ離れたところでの言葉の組み合わせを試みた。
これが私の”アンチ現代詩”?
[PR]

by akirin2274 | 2015-01-30 18:22

<< 丸亀ハーフ・マラソン (磯村) 計画だけは (磯村) >>