柴又100K (磯村)   

c0138026_20175874.jpgこんな日録は書きたくなかったのだが、すでに予告をしてしまっていたので、やむを得ず・・・。

葛飾柴又から江戸川に沿って河川敷を延々と走る「柴又100K」という大会に参加してきた。
埼玉県を抜け、50km先の茨城県五霞町というところまで行って折り返してくる。
制限時間は15時間。果たしてかえってこられるだろうか?

明け方のスタート時は雨。
おまけに川に沿ってかなり強い向かい風。う~、泣ける。

河川敷なので、山間や島でおこなわれる大会のようなアップ・ダウンがないことは嬉しい。
膝に優しい。足の筋肉にも優しい。
その代わり、「しまなみ海道ウルトラ」や「村岡ダブルフル」のような沿道の応援は、まったくといっていいほどない。これは寂しい。
とにかく、黙々と走るしかない。

途中からは雨も止み、陽射しもさしてくる。
50kmを走ってたどり着いたエイドで休憩。
預けて置いた荷物で蒸れた靴下を履きかえ、汗でびしょびしょになっているハンド・タオルを新しいものに取り替える。

ここで6時間40分が経過。
疲れ具合からは、後半のペース・ダウンは必至。かなり厳しいなあ。

結局、80.2kmの関門には制限時間の10分前にたどり着いたのだが、それ以上走る気力を無くしてそこで無念のリタイア。
(といっても、単に根性なしの自分に負けただけ。汗)

あ~あ。
やはり70歳近くなると、体力も気力も衰えてきていることを実感させられた。
[PR]

by akirin2274 | 2015-06-13 20:05

<< 「ERA」合評会 (瀬崎) 日本の詩祭2015 (瀬崎) >>