「漱石 絵葉書の小宇宙」展 (磯村)   

c0138026_21463375.jpg駒場の旧前田侯爵邸をスケッチしようと行ってみたら、改装工事中だった。残念。

ということで、近くにある日本近代文学館で「漱石 絵葉書の小宇宙」展を見てきた。
漱石の元へ送られて来た絵葉書、そして漱石が出した絵葉書の展示ということなので、軽いスケッチ絵を楽しめるかと思った。

漱石が自ら絵を描いた絵葉書も6葉展示されていた。
漱石は絵も習っていて、描くことは好きだったようだ。西洋裸婦の模写もしていた。

しかし、漱石に送られてきていた絵葉書のほとんどは当時の既成(印刷された商品)のものだった。
なあんだ。自筆の絵葉書じゃないんだ。
解説によると、明治終わり近くになって絵葉書が送れるようになったとのことだった。
そこで洒落た外国製絵葉書などが大人気となったようだった。
当時の風俗も窺い知れて、それはそれで面白いものだった。

別室では「川端文学のヒロイン」展をしていた。
川端康成は初恋の相手とは婚約までしていたのだが、あるとき相手の女性から、哀しいことが起きましたと言われて、詳しい事情も告げられずに破談になったとのこと。
川端はこのことをモチーフにして何編もの小説を書いている。

その後の「伊豆の踊子」や「雪国」、「眠れる美女」にもモデルがいたとのこと。
やはり恋心が芸術の原点となるか。
[PR]

by akirin2274 | 2016-10-24 21:48

<< 岡山県文学選奨委員会 (瀬崎) 昨日の補遺 (瀬崎) >>