トレイルの練習 (磯村)   

c0138026_23583411.jpg1週間後に「正木山トレイルラン大会」がせまった。

冬の間は軟弱に室内ジムのトレッドミルでお茶を濁していたから、少しは山道の練習をしておかなくては。
ということで、気持ちの好い土曜日の午後、福山へ出かける。

福山城という山城があった300mあまりの小高い一帯には、山頂に至る1200段の木組みの階段道や、ぐるっと迂回する登山道などが整備されている。
麓の駐車場には、山歩きに来ている人の車でほぼいっぱいだった。

私は一応トレイルの練習なので、ウルトラ・マラソン用のソウルの厚いジョギング・シューズにランニング・パンツ姿。
嶮しい上りではすぐに息が切れてしまう。少し走っては歩いたり、気を取り直してまた走ったり・・・。

すれ違ったり、追い越したりした人は、皆さん、きちんとした山歩きスタイルだった。短パン姿なんて私だけだった。

それでも浅原コースから山頂を経て、西武コース、幸山コース、下の横道コースを通って、1時間半ほど、気持ちのいい汗を流した。
近くの国民宿舎にある温泉に入って、さあ、これで来週は頑張れるかな。


[PR]

by akirin2274 | 2017-04-02 00:02

<< 詩誌「交野が原」 (瀬崎) ペンネームの話 (瀬崎)  >>