正木山トレイルラン (磯村)   

c0138026_21375221.jpg正木山トレイルラン大会。ロングの部26.1kmに参加してきた。
制限時間は4時間20分で、3つの山を上り下りして、累積標高差は1000mちょっと。

スタートして2kmほどは山里の道を走る。
みんな始めから早い。文字通り最後尾をのんびりと走る。

この大会では最終走者にはボランティア・ランナーがついて走る。山の中で事故が起きたときの備えなのだろう。
で、今のところ、その最終ランナーであるわけだ、私が(笑)。

そしていよいよ急勾配の山道に入る。そのころまでには5人ほど抜かしていた。
300mほど上って古代山城の荒平城跡に着く。
さらにそこから500mの正木山頂上を目指す。

今日は雨が上がっていたが、昨日までは小雨が続いていたので、山道はぬかるんでいる。
赤土の斜面では泥が滑って足の踏ん張りが効かない。これは消耗するなあ。

正木山の頂上をすぎると、今度は下り。
泥で滑る滑る。油断をすると尻餅をつきそうになる。怖い怖い。

平地に戻ってきた地点ごとのエイドでは、水分補給をして、滴り落ちている汗で失った塩分を梅干しで補う。

さて、ここからは今度は古代山城のあった400mぐらいの鬼の身山へ。
そこからいったん駆け下りて、正木山の裾の方を越えて18kmぐらいで再びエイド。
そしてここからの2kmぐらいは舗装された道を駆け下る。
桜の名所でもある大野街道。桜並木は満開で、深い谷の向こうの山の斜面には山桜が満開。

次は沢登り道となる。谷川の傍らの道をよじ登るのだが、ここも泥で滑りやすくなっている。
う~ん、太股の踏ん張りが効かなくなってきたなあ。

200mぐらい上って、やっとあとは下りを残すばかりとなった。
実は2年前に初めて参加したときは、完走タイムは4時間15分と、制限の5分前のゴールで私のうしろには5人ぐらいしかいなかった。
昨年は4時間5分と、10分ぐらい短縮して、後ろにも大分の方がいるようになっていた。
そして今年。このまま頑張れば、なんとか4時間を切れるかもしれないぞ。

ということで、3時間55分でのゴールだった。
1年ごとの加齢を考えれば、よくやったと自我自賛。

あとでチェックしてみたとところ、私の後ろには60人あまりの方がいた。うん、よくやった。


[PR]

by akirin2274 | 2017-04-09 21:41

<< 広島出張 (磯村) 大岡信氏ご逝去 (瀬崎) >>