「ランス美術館展」 (磯村)   

c0138026_11293011.jpg損保ジャパン美術館での70点ほどのこじんまりとした展覧会。

17世紀のバロック、18世紀のロココからフランス革命を経て新古典、ロマン、そしてリアリズム、さらには19世紀なかばからの印象派、ポスト印象派へと続く絵画が年代順に展示されていた。

ドラクロワ、コロー、ドーミエ、クールベといった馴染み深い名前に混じって、先日観てきたシャセリオーも2点が来ていた。
シスレーやピサロの風景画もよかったが、ゴーギャンやドニのポスト印象派の単純化された造型、強調された色彩には感心した。

しかし、今回の展覧会での収穫はなんといってもレオナール・フジタの特集だった。
ランスには彼が発案をして内装画も手がけた教会があり、彼の遺品を保管していた夫人はそのコレクションをランス美術館に寄贈していたのだった。

初期の作品も展示されていたが、初めから人物の目はフジタ特有の意地悪そうな目だった。

フジタの絵の有名な特徴は、細い面相筆での線描と乳白色を基調とした淡い彩色だが、あの独特の線描は戦前の割と早い時期から見られている。
乳白色が際立ってきたのは、戦後になって再度フランスに渡ってからのようだった。
「マドンナ」という絵では、なんと黒人のマリアを黒人の天使たちが囲んでいた。

そして彼の教会「平和の聖母礼拝堂」を飾った壁面のフレスコ画の写真とともに、1メートル半もあるような大きさの木炭による8枚の下絵が展示されていた。
これは見事な素描だった。

さらに3点のステンドグラスの写真とともに、やはり木炭での下絵に加えて、それにフェルトペンでの輪郭線、水彩での着色を施したものも展示されていた。
この大きな彩色下絵には圧倒された。

数年前のレオナール・フジタ展でも観ることのなかった作品に出会えて、好い展覧会だった。



[PR]

by akirin2274 | 2017-06-26 11:37

<< あれれ?! (瀬崎)  「日本の詩祭2017」 (瀬崎) >>