あれれ?! (瀬崎)    

昨日は中四国詩人会の理事会だった。
中四国8県から(愛媛県には、残念なことに、会員がいないのだ)岡山に理事が集まる。

午前中にあった今年の中四国詩人賞の選考結果が報告された。
個人的には予想していたのとは異なる結果で、ちょっと意外だった。

今年の秋の中四国詩人会大会は徳島で行われることになっていて、総会をはじめとしたそのプログラム案も承認された。

問題はそのあと。
次期執行部の人選で理事会は紛糾。
これまで会を支えてきた方々がご高齢となり、世代交代は必須の状態なのだが、いったい誰が会を支えていく?

会長には会の旗頭的存在でいてもらうことにして長老のO氏で問題なく決まった。
問題は実務担当の理事長兼事務局長。なかなか決まらない。

ついには理事会終了後の食事会の場に議論が引き継がれた。
そして、そして・・・、あれれ?

先日、岡山県詩人協会の理事会もあった。
そこでも次期の執行部の選出されたのだったが、そのときも、おいおい・・・だったのだ。

どちらの会の次期執行部も、正式にはそれぞれの総会で会員の承認を経て決まることになる。
しかし、それにしても、あれれ? おいおい。


[PR]

by akirin2274 | 2017-07-02 21:29

<< 詩誌「洪水」 (瀬崎) 「ランス美術館展」 (磯村) >>