最後の理事会 (瀬崎)   

日本現代詩人会の理事会は毎月第3木曜日の夕方におこなわれる。

4年前に理事候補になったときに、毎月の理事会に出席しなければならないことは知っていたが、まさか平日の夕方とは思っていなかった。
勝手に理事会は週末だろうと思い込んで、理事受諾の返事をしたのだった。
えっ、木曜日?!
ということで、慌てて第3木曜日はお昼で早引けをして、翌日の金曜日も休むように仕事を調節した。なんとかなった。

それから2期4年間、毎月上京した。
で、先日、最後の理事会があった。大変な4年間だったが、最後ともなると名残惜しいような気持ちにもなる。

理事になったおかげで知り合えた方々も多い。毎回の理事会の後には、そんな方たちと近くの居酒屋で飲んだ。

上京したついでに、翌日には都内の美術館を巡った。
東京は暮らしてみたいとは思えない都市だが、さすがに美術展や映画上映は地方都市では観る機会のないものを必ずどこかでやっている。
こればかりは東京に棲んでいる人が羨ましい。

それに、東京には私の好きな明治・大正期の西洋風建築物も多数残っている。
それらをスケッチしてまわるのも楽しいことだった。

来月の日本現代詩人会総会で担当業務の報告をして理事の仕事が終わる。やれやれ。
ああ、そうだ、総会の後の懇親会の司会を依頼されているのだった。それが最後の仕事か。


[PR]

by akirin2274 | 2017-07-23 23:34

<< 「吉田博展」 (磯村) 広報誌の表紙絵 (磯村) >>