<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

岡山県文学選奨 (瀬崎)   

岡山県文学選奨は今年で52回となる。

長編小説、短編小説から、随筆、詩、短歌、俳句、川柳、少年少女文学までの8部門で広く公募をおこない、各部門の審査員2名が入賞、佳作などを決定した。
私はそれらの各部門の審査を統括する総合審査員となって、もう5年以上が経つ。

昨日はその表彰式が県庁でおこなわれた。
県知事が賞状、金一封をそれぞれの部門の入賞者に授与した。

表彰式会場では、私の隣の席が県知事だった。
休憩時間に、先日のおかやまマラソンでゴールしたときに知事に握手をしてもらったことを話したりした。
今年のおかやまマラソンでは2例の心肺停止があったのだが、幸いAED処置で救命できている。
知事に、ドクターランナーにも本当にお世話になっています、と頭を下げられてしまった。
県知事ともなると、いろいろと大変だなあ。

今年の現代詩部門の選者は森崎昭生氏、河邉由紀恵氏。
入選者は(選考が決まったあとに氏名などは公表されるのだが)詩誌「火片」の同人の方だった。
これまでも何度も佳作、あるいは準佳作になっていた方で、表彰式のあとの懇親会で、やっと入選になりました、と嬉しそうな表情だった。

なんでも9年前に佳作になったときは、私が現代詩部門の選者をしており、私に大変に励まされたとのことだった。
あの励ましのおかげで詩を書き続けられました、と。
そうか、私も微かに好いことをしていたんだな。
ただそのときに、作品の構成がよくない、と、その点は厳しく注意されました、と。
そうか、私も言いたいことはきっちり言っていたんだな。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-30 23:00

四土の会 (瀬崎)   

秋山基夫氏が毎月開いている「四土の会」。
今月は私が当番でだった。で、「詩において写生することとは」ということを皆で考えた。

始めに芭蕉から正岡子規へとつづく、俳句での写生について勉強した。
そのあとの高浜虚子、萩原井泉水、水原秋桜子の写生に対する考えも検証した。

たしかに俳句は文字数の制限があるので、外部事象の姿を借りて作者の内部を語らせなければならないのだろう。
(萩原井泉水の、単に外部の描写をするだけではそれは写真主義、傍観主義である、と言い方は面白かった。)

では、文字数に制限のない詩ではどうなのか、ということになる。
江代允の詩集「梢にて」や貞久秀紀の詩集「具現」からの作品をいくつかずつ取りあげ、どのように外部描写から内部描写へ展開させているか、あるいはその両者を絡ませているか、などを話し合った。
私の好きな作品として、齋藤恵美子の「畳」や、財部鳥子の「月下美人」も鑑賞した。

勉強会の最後にサプライズ・イベントとして実作をおこなった。
私が持参したサルノコシカケ、狐の泥人形を写生することからはじめる四行詩を30分で書くというもの。
今日の参加者は11人だったが、そんなぁ~という抗議の声も上がったものの、ちゃんと皆それぞれに作品を書きあげた。
30分後に直ちに回収してきた。これは次回の四土の会で批評し合おうという予定となっている。

駅地下のイタリアレストランでの飲み会も楽しく過ごしてきた。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-27 16:22

聞いてください岡山の現代詩 (瀬崎)   

c0138026_22374699.jpg先週末に朗読会をおこなったのだが、日録に書くのを忘れていた。
第10回となる「聞いてください岡山の現代詩」と銘打った、岡山県詩人協会主催の朗読会である。

小学校、中学校の各学年から、昨年のいろいろな詩の大会(木山捷平文学賞、永瀬清子賞、おかやまっ子、などなど)での入賞者にその作品を朗読してもらうもの。
それに加えて高校生にも声をかけている。
今年は小中学生9人、高校生6人が参加してくれた。

毎年思うのだが、学年が一つ上がるごとに作品は、というか作品を書く意識が大きく変化している。
いずれにしても大人になってしまった意識では書けない作品ばかりで、感心する。

アトラクションとして、今年はオカリナと琴のユニット演奏をしてもらった。
オカリナと言っても、私が想像していたような単純素朴なものではなく、吹き口が3つも並んでいて複雑な音階が演奏できるようなものだった。

そのあとには岡山県詩人協会会員6人が自作詩を朗読した。
小中学生の父兄も多く来てくれて、全部で80人の参加者だった。

さて盛況で終わったのだが、この催しは、岡山県民文化祭の分野別フェスティバルの一環として、県からの助成金をもらって開催している。
金銭的には大変に助かるのだが、行政が絡むので、事後の開催報告書(写真付き)や決算報告書などを提出しなければならない。
暇を見つけて書類を作成しなくては。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-25 10:08

おかやまマラソン (磯村)   

c0138026_21591169.jpg第3回となるおかやまマラソン。
フルの出場者は15,000人で、抽選倍率は1.8倍だったとのこと。
私は抽選なしのドクターランナーとして走ってきた。

約50人の医師が目立つ赤のベストを着て走る。
5人ずつ10組に分けられて、私は5時間30分で走るように依頼されていた。

これは1km7分半のペースで最後まで走れば、おおよそこの時間でのゴールとなる。
ただし救護で時間をとられて遅れた場合は、その分はゴール時間を遅らせてもらってかまいません。関門制限もドクターランナーには適用しませんので、どうぞ、最後までお願いいたします。
了解です。

で、7分半ペースで淡々と走る。
実は、去年も同じペースで走った。そうしたらものすごく楽だった。
それなのに、あれ?今年はこのペースで楽じゃないぞ。一杯一杯だぞ。1年だけ歳をとっただけで、こんなに体力はおちるものなのか・・・。

仕方がない、なんとかそのペースを維持して走る。
どうせ後半は救護で時間をとられることが増えるだろうから、前半は少し貯金をしておくかな。

途中で一カ所だけ折り返しコースになる。
他県から帰省していた息子と一緒に参加したのだが、息子はサブフォー狙いで頑張るとのことだった。
(息子は他県在住なので、県医師会からの依頼は当然なし。)
息子は4時間のペースランナーのすぐ後を走っていた。うん、大丈夫そうだな。

今日は涼しかったせいか、あまり事故はなかったようで、救急車のサイレンも2回しか聞かなかった。
私は足の痙攣をしていた人にストレッチをしてやったぐらい。

名物の30km地点でのラーメンエイドでは、ちゃんとピリ辛ラーメンと黄ニラ餃子も食べた。

で、依頼通りに5時間26分でゴール。
終わってみれば、よい仕事をしたのではないだろうか。
ちなみに、息子は3時間59分でゴールしていた。お見事。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-12 22:01

「ロートレック展」 (磯村)    

c0138026_22093766.jpgしばらく前に観てきた展覧会、正式タイトルは「パリ・グラフィック/ロートレックとアートになった版画・ポスター展」。長い。

19世紀後半になってリトグラフによるポスターが流行してきたようだ。
第1章 庶民向けの版画のコーナーでは、当時の売れっ子のシュール・シェレ、ピエール・ボナール、そしてロートレックのポスターが並んでいた。

版画は線描による面の分割が基本的にあり、その分割された面を単一色面として色をのせる。
絵画というよりは、気分的にはデザインに近いものがあるような気がする。
当時は多色印刷物の手段としてリトグラフがあったのだろう。

しかし20世紀になってくると、第2章 知的階層向けの版画のコーナーにあるように、自宅で飾って楽しむものに版画がなってきていた。
要するにファイン・アートとして認められてきたわけだ。

ロートレックに加えて、ルドン、ヴァロットンなど。
そして画題もポスターとしてだけではなく、静物や風景が取りあげられるようになっている。
ボナールの「パリ生活の小景」と題したシリーズは好かった。
またモーリス・ドニは自分の油彩をリトグラフにうつしたりもしている。

どれも洒落ていて、容易に”フランスらしい”と思ってしまう雰囲気のものばかりであった。

展覧会の最後に、ゴッホが所有していたという日本の浮世絵版画が並んでいた。
安藤広重、初代歌川国貞、歌川国芳、月岡芳年などである。
フランス版画を見てきて、あらためて浮世絵版画を見ると、その原画の構図といい、色使いといい、またその彫りや刷りの技術といい、いかに斬新であったかがよく感じ取れた。
ヨーロッパの画家たちが浮世絵に魅せられたわけだ。納得。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-10 22:12

倉敷ジャズ・ストリート (磯村)   

c0138026_11143759.jpg末の2日間は倉敷ジャズ・ストリートだった。
美観地区のあちらこちらで昼過ぎから夜までジャズが演奏されている。

1日目の昼過ぎに、まず老舗のジャズ喫茶「アベニュー」で、みちるピアノトリオを聴く。
今日のみちるさんはなんと着物姿だった。女性ドラマーは足もとが乱れやすいせいか、着物に袴姿だった。かなり激しいタッチでのピアノを堪能した。

このイベントでは、チケットを提示すれば17の会場のどこででも演奏を楽しむことができる。
ワン・ステージは45分で、休憩の15分のあいだにミュージシャンも聴衆も次の会場へ移動する。

なるほど、今年のテーマが”和”ということで、あちらこちらで和装のミュージシャンがかなりいた。

次はどこに行こうかな、とぶらぶらと彷徨い、倉敷物語館、大原美術館の庭にある新渓園、今では観光の拠点にもなっている林源十郎商店の3階で、それぞれの演奏を楽しんだ。

最後に廣栄堂の2階で、普段はニューヨークのハーレムのクラブで歌っているという女性ボーカルを聴く。旦那さんらしいトランペッターもNYから一緒に来ていた。
このグループの演奏が好かった。フラメンコ調のリズムを取り入れたオリジナル曲が圧巻であった。

2日目はゆっくりと出かけ、まず土蔵を改装した夢空間はしまやで、昨日のアメリカからの女性ボーカルをもう一度聴きに行く。

つづいて本栄寺の仏像がならぶ広間ではフュージョンを聴いた。のっけに「ナイト・バード」をやってくれたのは嬉しかった。
あとは「アベニュー」に戻り腰を落ち着け、ビールを飲みながら4つのバンドを聴いた。

ふらふらと気ままにジャズを楽しんだ2日間だった。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-06 11:17

「カンディンスキー、ルオー展」 (磯村)   

c0138026_18155979.jpg改装のためにしばらく休館していた 汐留ミュージアムでの展覧会。

正直なところ、ルオーはそれほど好きではない。
あの暴力的とも言える太い線描にあの厚塗り。彼の特質の部分がどうも合わない。

で、目的はカンディンスキー。それに嬉しいことに”色の冒険者”という副題でパウル/クレーの絵もかなりの数が展示されていた。

初期のカンディンスキーはテンペラやガッシュでも描いていた。これが好かった。
特に大作「商人たちの到着」(ポスターに使われている絵)。
黒の下塗りの上に色を置いている.。黒地の塗り残しが輪郭線となっており、木版画あるいは切り絵のような効果が出ていた。

初めて見たカンペンドンクの油彩画も好かった。
線描をした上に、その境界線を越えて色彩が置かれている。形と色が交差して、幻想的な光景となっていた。

クレーは有名な水彩画「橋の傍らの三軒の家」があった。
オレンジ色を基調として模様のように塗り分けられた面を、薄い青色が滲んでその境界を越えていた。この微妙な感触は、これまで印刷図版で見ていたときには味わうことができないものだった。

クレーの石版ではヨーロッパ風景のシリーズが軽いのに奥行きがあった。

最後のコーナーではカンディンスキーの素描が並んでいた。
紙にインクとペンで描かれたものだが、そのイマジネーションの豊かさに感心した。
さすがだな。


[PR]

by akirin2274 | 2017-11-03 18:18