褒められて (磯村)   

午後から少し時間ができた。
で、マスカット公園にスケッチへ出かけてみた。

木陰になっている場所を見つけて、大空に弧を描いている球場の大屋根を描き始める。
手前には苦手な木々が重なり合っている。仕方がないなあ。
鉛筆であたりをつけて大まかな形を取っていく。全体のバランスはこれでいいか?

公園の広場では子どもたちが遊んでいる。
と、その中の5、6人がやって来た、小学校高学年ぐらいだろうか。
いきなり男の子が「上手いなあ」と褒めてくれた。おやおや、ありがとう。
別の子が「こんなに上手く絵を描ける人を初めて見た」。おお、おお、ありがとう。
すぐに子どもたちは遊びに戻っていく。

全体の構図が決まったところで、あとはペンでぐいぐいと線描をしていく。
線が歪んだり、つじつまが合わなくなるところも出てくるのだが、それは”味”ということで、自分を納得させてしまう。

するとまた子どもたちが戻ってきて、「あ、ずいぶん出来上がっている」。
そのあとも何回となく絵が仕上がっていくのを覗きに来る。こちらも張り切っちゃうぞ。
女の子は「私のクラスのタカシ君も絵が上手いんだよ」と教えてくれる。
c0138026_20503287.jpg
グリザイユ描法で影を付けたところで本日は終了となった。
次に彩色に行ったときに、あの子たちはまた遊んでいるだろうか。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-09-13 20:52

素晴らしい詩集たち (瀬崎)   

毎年3月頃から詩集の発行が増えてくる。
今年もそれから6ヶ月が経った。
今年は素晴らしい詩集が多い気がする。

ちょっと思い出すだけでも、廿楽順治「怪獣」、高塚謙太郎「sound & color」、阿部嘉昭「石のくずれ」、原田道子「かわゆげなるもの」、荻悦子「樫の火」、北原千代「真珠川」、野崎有以「長崎まで」、河口夏実「雪ひとひら、ひとひらが妹のように思える日よ」、林美佐子「発車メロディ」・・・。
すごい。

昨日は神尾和寿「アオキ」が届いて、今日は坂多瑩子「こんなもん」が届いた。
すごい。

思潮社の現代詩文庫も次々に新刊が出ている。
先日、「暮尾淳詩集」を読み終えたと思ったら、昨日は「近藤洋太詩集」が届いて、今日は「広瀬大志詩集」が届いた。
私のように20年ぐらい詩の世界から遠ざかっていた者には、欠落した期間を埋めてくれる選詩集はとてもありがたい。

さて、私の詩集「片耳の、芒」も、順調にいけば今月末にはできるのではないだろうか。
素晴らしい詩集たちの一角にそっと忍び込めるか。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-09-09 21:37

詩客 (瀬崎)   

忘れていたが、WEBの文芸誌「詩客」に原稿を書いたのだった。

「詩客」は、詩、短歌、俳句の短詩系3分野を扱っているWEB誌。
詩・歌・句、で”しかく”というわけだ。

ここに依頼されて2~3ヶ月に一度「自由詩時評」を書いている。
この欄は基本的に隔週更新で、現在の他執筆陣は、海東セラ、藤井貞和、中家奈津子、山田亮太、平井謙各氏など、のようだ。

5月19日号には「『ホフマニアーナ』を読む」を書いた。
そして8月21号には「”詩が広がるとき”によせて」を書いた。

これは「現代詩手帖」8月号の特集「2010年代の詩人たち」で掲載されていた最果タヒ、三角みずき両氏の詩作品を例にして、作品世界の広げかたを考察したもの。
アドレスは下記の通り。

  http://blog.goo.ne.jp/siikaryouzannpaku/e/bca9a53dbaed046accc32a7082438d4a

いつもはぼんやりと感じていることを、こういう機会が与えられると整理して考えることになる。
よい機会をいただいていると思う。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-09-02 00:35

「交野が原」 (瀬崎)   

c0138026_13015.jpg金堀則夫氏から「交野が原」81号が届いた。

100頁に29人の詩作品が載っている。
さらに4編のエッセイ・評論、12編の書評を載せるという充実ぶりである。
個人で発行されていることに毎回感嘆する。

ブログ「瀬崎 祐の本棚」には、海東セラ「尾」、海埜今日子「譚」の簡単な感想を書いた。

その他にも、亡兄を偲ぶ渡辺めぐみ「予鈴」は、季節の移ろいの感覚と、欠落したものをかかえての歳月が重なり合っていた。
新しい詩集を出したばかりの北原千代「f字孔」は、何とも妖しげなエロスがあって、バイオリンのあの暗い空間に溶けこんでいきそうだった。
高階杞一「清水さん」は、やさしい具象の言葉を用いながらその関係性が次第に抽象的に絡みあっていくところが、いつもながらに魅力的だった。

書評で取りあげられている詩書の8冊は読んでいた。
そのうちの6冊については私も拙ブログに感想を書いていたので、それぞれの評者の捉え方の違いを楽しんだ。

瀬崎は詩「午後の研修室」を載せてもらっている。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-28 13:01

日本現代詩人会総会 (瀬崎)   

先週末に日本現代詩人会の総会があった。

会場はいつもの早稲田奉仕園なのだが、朝から台風接近の影響で天候は不安定。
そのために、出席を予定していながら急遽欠席される方がかなりいたようだ。

暮尾淳氏の小講演につづいて、総会の議事に入る。
今回は会報に載せる記録記事の執筆を依頼されたので、メモをとりながら聞く。

会では新しいホームページを昨年12月から運営している。
詩の投稿欄などの新しい試みもはじまっており、若い世代への会の働きかけとしては非常に上手くいっていると考えられる。
そのホームページに対する質疑応答が活発におこなわれた。
ホームページ担当の光冨郁埜氏はネットに関してはプロ級の運営能力を持っている。
これからもどんどん発展していくことと思われる。

終了後の懇親会では、白井知子氏に初めてお会いする。
先日拙ブログに白井氏の詩集「漂う雌型」の感想を書いたのだが、とても好い感想だったと感謝してもらった。
そして「どぅるかまら」に発表した拙作「訪問販売人の記録」についての感想をいろいろといただいた。
細かく読んでくれていて、こちらこそ、感謝、であった。

その後の飲み会では、ぐだぐだと飲みながら原田道子氏と、詩の評価は1編でおこなうべきか、それとも数編でおこなうべきか、などといったことを話した。
お互いに、へえ、そう? と言いながら、つまりは、作者と切り離して作品だけで評価するか、あくまでも作品を作者の生き方の産物として評価するか、という考え方の違いなのだろう、ということになった。

さて、日本現代詩人会の理事の私の任期も、これであと1年となった。やれやれ。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-26 14:11

ああ、そうだった・・・ (瀬崎)   

夜の電話。来年初めのある賞の選考委員の依頼だった。

日程を確認すると特に支障はない。
この団体は、今回選考依頼のあった賞とは別に新人賞も運営している。
そちらの賞の選考委員はこれまでに2回経験しているので、選考の段取りもおおよそのことは判っている。
光栄なことなので、喜んでお引き受けすることにした。

と、電話を切ってから気がついた、・・・あれ、この秋には私の詩集を発行予定だぞ・・・。

選考委員をする者の詩集が対象期間中に発行されるのは(その詩集が候補に入るか否かは別にして)、やはりまずい。
ということで、あわてて連絡を入れ、事情を説明して選考委員を辞退した。やれやれ。

今春から準備をしていた拙誌集は再稿ゲラの校正も終わって、あとは出版社におまかせすればいい状態になっていたので、うっかり忘れていた。

詩集のカバーには、革命前のチェニジアで撮ってきた地中海の写真を素材にしてもらうことにした。
カラー写真をグレー1色に落とし、茫漠とした海岸に建つ小屋の扉だけを赤く彩色してもらった。
これに合わせて文字の配置、帯の色などをデザインしてもらった。

ここまでくれば、詩集はもう私の手を離れたところを飛んでいる。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-19 22:41

リオ・オリンピック (磯村)   

リオ・オリンピックも、いよいよ昨日から陸上競技が始まった。

オリンピックはとにかく種目が多い。
これまでも柔道や水泳、卓球などは、ニュースやインターネットの記事で結果を知るだけだった。
しかし陸上、それもトラック競技となれば中継を観なくては。

c0138026_2158533.jpg昨夜は早速、女子10000mの決勝があった。
中距離の女王ディババを振り切って途中から独走したのはアヤナ。
他の選手もそれぞれに各国の代表選手。しかしアヤナの走りは一人だけ異次元の速さだった。
美しい走りで、なんと世界新記録でぶっちぎりの優勝だった。すごい。

c0138026_21583919.jpg今日は女子100mの予選をしていた。
オリンピック3連覇を狙っているシェリーアン・フレーザープライスは、今回は髪の毛を緑色と金色に染め分けていた。
余裕の走りで予選中トップの記録だった。
ちなみにフレーザープライスは、世界陸上ではすでに3連覇をしている。オリンピックと合わせると6連覇を狙っているということになる。すごい。

いよいよ明日は女子マラソンがある。
日本の福士加代子選手はどのくらい粘れるだろうか。

(左:アヤナ、後に映っているのは周回遅れの選手)
(右:フレーザープライス、これは世界陸上で女子100m3連覇を果たしたときの写真)
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-13 22:05

会社の広報誌 (磯村)   

c0138026_13273632.jpg今年も会社の広報誌が出来上がった。

毎年、広報部が作成するもので、全カラー印刷の50数頁。
なんと20,000部が印刷されて、一般の方や県内はもとより全国の関係施設に配布される。
今年で6冊目となるが、当初から表紙絵を依頼されて描いてきた。

はじめは単純に会社建物の全景とかを描いていたのだが、そのうちにいろいろと注文がつくようになった。
いわく、会社が街の風景に溶けこんでいるような構図にして欲しい、とか、会社の周りを街の人々が行き来する構図にして欲しい、とか。

今年は、用事を終えたお客さんが家族と共に会社から帰っていくところを描いて欲しい、と。
なんと無茶な。私は人物を描くのは不得手なのだよ。

でも、会社お抱え絵師としては要望とあれば仕方がない。
広いバス通りに面した南玄関前で構図を考える。
あまりじろじろ見るわけにもいかないので、遠い道の反対側から素早くスケッチをする。そして細かいところを描き足すための写真を(こっそりと)撮る。
もちろん望むような構図が実際にあるわけもないので、北玄関などにもまわって適当な人物をキャッチする。

で描き上げたら、妙にイラストっぽくなってしまった。
それに少し離して見ると、どこかに差し色が欲しかった気がする。

とにもかくにも、今年の広報誌です。全国の関係者の皆さん、見てください。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-06 13:31

岡山県詩人協会総会 (瀬崎)   

週末に今年度の岡山県詩人協会総会が開かれた。

第一部が総会。
現在会員は120名ほどだが、40名以上の出席があり、過半数の委任状も提出されていた。
事業報告や会計報告がされ、来年度の事業案が提出され、問題なく承認された。

第二部に以倉紘平氏の講演「現代詩と私」。
忙しいのでどうかなあと思いながら講演依頼をしたところ、他の用事の日程を調節して来岡していただけた。感謝。

講演は詩を書きはじめた頃の意識の持ち方から始まって、夜学校で長く教鞭を執っていたときの経験から書かれた詩、そして事実を書くだけでは物足りなくなっていった話など、興味深いものであった。
それらの作品でH氏賞をはじめとした幾つもの賞をとっていながらの変遷である。
自分自身に根を持った異物衝突が詩的真実につながる、ということには、大いに示唆されるところがあった。

ケーキとコーヒーの温和しい懇親会の終了後の飲み会は、20人あまりの盛況。
料理も美味しく、企画した者としてはほっとした。

さて、詩人協会会報に以倉さんの講演要旨をまとめなくてはならない。
詳細に取ったメモを読み返して、と・・・。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-08-01 20:52

二人展 (磯村)   

c0138026_2227572.png会社の担当者がまたやりましょうと「二人展」を企画してくれた。
これは、会社の元副社長で今は顧問のU氏と私の二人の風景水彩画を展示するもの。
2年ぶりの開催で、今年は6回目となる。

展示スペースは高い吹き抜けのセントラル・パーラーの一角。
ここは会社を訪れる方たちの休憩スペースで、片隅にはピアノが置いてあったりする。
週末の午後には弦楽四重奏の演奏会がおこなわれることもある。

さて「二人展」。この2年間に描いた水彩スケッチ17点を展示することにした。
この2年間は東京へ行く機会が多かったので、東京でのスケッチが多くなった。
その他には出張やマラソン大会へ出かけた際の、旅先での気ままなスケッチである。

相方のU氏は小さい頃から水彩画を習っており、いわゆる本格的な水彩画を描く。
私の方は50歳近くになってからの独学の水彩スケッチである。
画風がまったく違うので、おたがいに気兼ねをしなくて好い。

会期は約2週間。
会社の従業員が3000人、それに会社を訪れる方が毎日3000人ぐらい。その他に会社内にいる人が1000人ほどいる。

毎回たくさんの人に絵を見てもらうことができて、嬉しい。
[PR]

# by akirin2274 | 2016-07-27 22:30