会社の広報誌 (磯村)   

磯村の会社は4年前から毎年、広報誌を発行している。
A4版で全頁がカラー印刷。60頁あまりの冊子である。
で、その広報誌の表紙絵を描いて欲しいとの依頼が今年も来た。

広報誌の読者対象としては、会社を訪れたお客さんを始めとして、会社を利用する可能性のある地域住民を想定しているようだ。
それに岡山県内はもとより、全国の主な関連、連携施設、同業施設にも配布するとのこと。

そこで、表紙絵にもいろいろと注文が付く。
今年は、大正時代に建てられた古い建物と、昨年完成した新社屋の両方を入れた構図で描いて欲しいとのこと。
さらに、地域住民に支えられている会社だというイメージをあらわすために、会社周りの通行人なども絵の中に取り入れて欲しいと。

これはなかなか難しいなあ。
休み時間に会社の周りをうろうろして適当な構図を探す。
あいにくと今の季節は木立が生い茂っている。
せっかくの建物が、重なり合う緑に隠されてしまっている。困ったなあ。

なんとか木立の隙間から建物が見えるポイントを探し当てる。
さて、この週末には描きあげないと・・・。

この広報誌の表紙絵依頼のうれしいところは、発行部数が2万部というところ。
素人絵描きの絵が全国の人に見てもらえるということは、滅多にないことだ。
会社からのお礼が菓子折り一つだけでも、文句は言いません。
[PR]

by akirin2274 | 2014-05-29 12:03

<< 出版記念会 (瀬崎) 岡山県文学選奨 (瀬崎) >>