今はこんな状態 (瀬崎)   

個人詩誌「風都市」33号の発行準備をしている。
今号の寄稿は、以前から一度は作品を掲載したいと思っていた中本道代氏。
12月末にはきりりとした作品をいただいていた。嬉しい。

私の詩2編も書きあがり、表紙、日録も出来上がり、あとは「あとがき」に手を入れて、今月中には発送できるようにしたい。

そのほかの予定としては…。

今年は四土の会のアンソロジーである「四土詩集」が発行される。
各自が数編の作品を載せるのだが、さて私は何を載せよう。迷うなあ。

詩誌「交野が原」からの依頼稿は今月末が締め切り。発表予定の作品は完成しつつあり、推敲をおこなっている。
詩誌「ERA」の締め切りは2月末。作品の構想は書き留められていて、これがどのようにうごめき始めてくれるか。

ほかには、詩誌「雨期」から依頼のエッセイ「至福のとき」は原稿を送ってある。
詩誌「孔雀船」からの依頼の詩作品も「とうもろこし畑で」を送ってある。
そういえば、「詩と思想」1・2月合併号に詩集「片耳の、芒」からの作品として「ミカサ屋」が掲載されたのだった。


[PR]

by akirin2274 | 2018-01-11 16:23

<< 現代詩ゼミナール (瀬崎) 中四国詩人会理事会 (瀬崎) >>