瀬戸内ツーデーマーチ (磯村)   

c0138026_18433839.jpg週末の2日間は瀬戸内ツーデーマーチだった。
全国から倉敷へ集まった人たちのウォーキング大会である。
このツーデーマーチは全国の各所で年に12回ぐらい開かれているので、いろいろな大会をまわっている人もいるとのこと。

私は10年以上前に2回ほど参加したことがあったが、その後はジョギングが中心となっていた。
気候も気持ちよくなっていたし、久しぶりに歩いてみようか。

ということで、18.6kmコースに参加。
1000人あまりの参加者が9時に市役所の広場を出発する。

後の方ではぶらぶらと歩く人もいるようだが、前の方にいる人は皆早い。
ゼッケンに書いてある居住地を見ると、関東や九州などから来ている人もいる。
風も穏やかで、雲の切れ間から覗く日差しも暖かい。気持ちがいいなあ。

コースは南の方へ向かい、おや、こんなところへ出たか。
吉岡川の堤防道は時々ジョギングで走るところ。

途中の2カ所の休憩所では、それぞれ豚汁と味噌汁をいただいた。
どうぞとボランティアの女子高生が差し出してくれるチョコレートやビスケットもありがたくもらう。

しかしジョギングとウォーキングでは使う筋肉も、負担のかかる部分もまったく違うようだ。
フルマラソンを走ってもマメなどはできないのだが、10kmを過ぎたあたりで足底が熱を持ってきた。まずいな、これはまめができる前兆だぞ。
実は前に40kmコースを歩いた2回ともマメができて大変に痛い思いをしたことがある。
そこからはあまり足底で蹴らないようにして歩いた。

1時ちょうどにゴール。休憩時間を考えると、1時間5kmぐらいの速さだったか。
大会会場に並んでいる屋台でかけそばと、牡蠣のフライを食べて帰宅した。

それにしても、歩くより走る方がやはり楽しい。ウォーキングは、やはり少し退屈だった。


[PR]

by akirin2274 | 2018-03-12 18:46

<< くすのきカントリー・マラソン ... 至福のとき (瀬崎) >>